「 三次元構造を持つ人工腱様組織の開発 」 ― 腱・靱帯損傷への治療応用を目指して ― を Frontiers in Cell and Developmental Biologyに発表

・腱・靱帯特異的転写因子 MKX※1、三次元培養、メカニカルストレス負荷という三条件を組み合わせる ことによって、新規の腱様組織の作製法の開発を行いました。 ・作製された人工腱様組織には部分的に実際の腱組織と類似した構造が確認されました。 ・この研究成果は腱・靱帯損傷への新たな治療法開発の糸口となり得ることが期待できます。 掲載誌:Frontiers in Cell and Developmental Biology 論文タイトル:In vitro neo-genesis of tendon-like tissue by combination of Mohawk and a three-dimensional cyclic mechanical stretch culture system.

「脊椎動物のボディープランの上位遺伝子プログラムを解明」 ― Lin28aによるRNAとエピジェネティックス両階層の制御―をeLifeに発表

・医学・生物学において注目される遺伝子 Lin28a が脊椎動物の形づくりに関わることを見出しました。 ・生物の形づくりの遺伝子プログラムである「Hoxコード」がLin28aによって制御されることを示しました。 ・ Lin28a は RNA 階層での制御とエピジェネティックスの制御の両方を行うことがわかりました。 ・Lin28a は、癌や炎症、再生医療でも注目されており、本発見の更なる研究が期待されます。 掲載誌: eLife 論文タイトル: Lin28a/let-7 Pathway Modulates the Hox Code via Polycomb Regulation during Axial Patterning in Vertebrates.

Hot Topics​
Press Release
Just Accepted!
Seminar​
カテゴリーから検索
タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 システム発生・再生医学分野

​教授 浅原弘嗣

​TEL: 03-5803-5015   EMAIL: tmdusystemsbiomedicine@gmail.com