【演者】粂 昭苑 先生 (東京工業大学 生命理工学院 教授) 【演題】多能性幹細胞を用いた消化器官の分化誘導研究~再生医療と創薬への展望~

第19回システム発生・再生医学分野セミナー 第4回再生学領域セミナー

多能性幹細胞から、試験管内において分化細胞を作製して再生医療や創薬への展開を目指した研究が急ピッチで進められています。発生分化研究からわかってきた分子機序を応用して、多能性幹細胞から膵臓β細胞、肝細胞や腸細胞への分化誘導がある程度できるようになってきています。本セミナーでは私たちがこれまで行ってきた分化誘導系の構築について紹介します。最近、低分子化合物ライブラリーを用いたスクリーニングにより、分化制御に関与する新規な分子の探索を行いました。また、培地中の栄養成分であるアミノ酸のうちのメチオニンが、多能性幹細胞の未分化性維持において大変重要であることを発見しました。これらの成果について解説しながら、今後の再生医療研究の展望について述べます。

Reference:

Sakano D., Choi S, Kataoka M, Shiraki N, Uesugi M, Kume K, Kume S. Dopamine D2 receptor-mediated regulation of beta cell mass. Stem Cell Reports 7, 95-109, 2016.

Ogaki S, Morooka M, Otera K and Kume S. A cost effective system for differentiation of intestinal epithelium from human induced pluripotent stem cells. Sci Rep 5: 17297, 2015.

Shahjalal HM, Shiraki N, Sakano D, Kikawa H, Ogaki S, Baba H, Kume K., Kume S. Generation of insulin-producing beta-like cells from human iPS cells in a defined and completely Xeno-free culture system. J. Mol. Cell Biol. 6, 394-408, 2014.

Shiraki N., Shiraki Y., Tsuyama T., Obata F, Miura M, Nagae G, Aburatani H., Kume K, Endo F, Kume S. Methionine metabolism regulates maintenance and differentiation of human pluripotent stem cells. Cell Metab. 19, 780-794, 2014.

Sakano D, Shiraki N, Kikawa K, Yamazoe T, Kataoka M, Umeda K, Araki K, Mao D, Matsumoto S, Nakagata N, Andersson O, Stainier D, Endo F, Kume K,Uesugi M and Kume S. VMAT2 identified as a regulator of late-stage beta cell differentiation. Nat. Chem. Biol. 10, 141-148, 2014.

Hot Topics​
Press Release
Just Accepted!
Seminar​
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 システム発生・再生医学分野

​教授 浅原弘嗣

​TEL: 03-5803-5015   EMAIL: tmdusystemsbiomedicine@gmail.com